嫌いなことで勝てるほど甘くないなという話

スポンサーリンク

 

好きなことをしている人は凄い。

「努力を努力と思っている人は大体間違い」と明石家さんまさんが言っていたように、頑張ってたらまず相手にならない。

絵を描くのが好きな人は誰に言われるでもなく一日中絵を描いている。絵が描くのを楽そうだからと絵を描き始めたところで絶対に敵わない。

プログラミングが儲かるからって痛い目をこすりながらプログラミングをしていても、本当にプログラムが楽しくてゲームからアプリまで好きで開発していく人間にはまず敵わない。

Youtuberもそうだ。ヒカキンさんも毎日新しい動画を世に出し続けてきた。毎日新しいことを企画して撮影して編集してアップロードまでする作業は、普通の人にとって途方もないほどの努力だ。そもそも新しい企画なんて簡単には思いつかない。でも好きだからそれを平気でやってのける。

教えるのが好きな人、何かを伝えるのが好きな人、最新のテクノロジーが好きな人、ものづくりが好きな人、物語が好きな人、音楽が好きな人、人をつなぐのが好きな人。

我慢して努力しているうちにどんどんおいて行かれるなと、凄い人たちを見ているといつも思わされる。

でも意外とこれって教えてもらえないんだよな。

「好きなことをやりなさい」と口では言われるかもしれないけど、そう言う大人に限って好きなことやってなかったりするし、どうして好きなことをやった方がいいのか、その論理を知れないんだ。

嫌いなことで勝てるほど甘くないという話は、身をもって知るまでわからない。

今まで中途半端に頑張ったり打算的に考えてきた大人にとっては、好きなことを見つけるのも実は一苦労で、かなりリハビリが必要だったりするのだが。

スポンサーリンク