日本人は本当に勤勉か?

スポンサーリンク

 

日本人は勤勉という言葉を未だに信じている人たちがいる。残念ながら、それが事実だとは思えない。

その言葉を発する人たちを見ると、「勤勉に働く」のが好きなのではなく、「誰かを勤勉に働かせる」のが好きなようにしか見えないからだ。

「勤勉な日本人」に根拠はあるのか

「仕事が好きだ」というような人は、国民性と言い切ってしまえる程多くいるのだろうか?お金の為に仕方なく働いていると言うのが大半の様な印象を受けてしまう。ともすれば休みたいような、サボれるならサボってしまいたいような雰囲気がある。

最近では就職活動中の学生たちに「何がやりたいのか」を基準に仕事を選択するように語る傾向があるが、その実大人たちがどうして仕事をしているのかと言えば、お金を稼ぐためだ。なぜお金を稼ぐかと言えば、それで食料を購入し、税金を払い、欲しいものを買い、生活するためだ。

就職活動に関して言えば、好きな仕事が出来るに越したことはないが、他人が本当に何をやりたいのかなんて普段から気にも留めていないくせに「何がやりたいのか?」一辺倒で質問しているあたりは正直言って気味が悪い。仕事の選び方はそれだけではないはずだ。

面接ではどうしてこの会社でなければいけないのか、他の会社ではダメだったのか?と志望動機を聞いているようだが、給料がなければその会社で働くことはないだろう。待遇がよく就職が出来るのであればどこでもよいというのが本音だろう。

また、学生は授業を受けるのが面倒くさいと言い、会社員は月曜日が来るのが憂鬱だと言う。日常的に耳にする言葉からはあまり勤勉な国民性があると感じることは出来ない。

働くことに関しては、社畜だとかブラックだとか過労死だとか、ネガティブな言葉が日常的に使われている。やりがい搾取(やりがいがあるから給料は少なくて当然という謎論理)も行われているようだ。

日本人は本当に勤勉か?

日本人というものは本当に勤勉なのだろうか。様々なことを考えてみた結果、私には勤勉にさせるのが好きなだけにしか見えない。

日本人が勤勉と言われるようになったのは第2次世界大戦で敗戦した後のこと。同じく敗戦したドイツ人も勤勉だと言われていた。共通するのは敗戦し、戦勝国の思惑によって経済性発展を遂げたという点だろうか。勤勉と言われたのも経済発展を遂げたのも、人種や精神論によるものではない。経済発展するための仕組みがあったに過ぎない。

日本人が勤勉だとか、真面目さを説く高齢の大人を何人も見たことがあるが、同時に仕事中にネットサーフィンをしているのをそれ以上に見た。残念ながら、他人に勤勉さを求める人に限って、その本人に勤勉さを感じることはなかった。

本当に勤勉に働く人もいたが、そういう人は背中で語っていた。

とにかく、他人のおことばかり気にして人には勤勉さを押し付けても、自分がやるつもりはないようだ。

もちろん日本人の中にもまじめで勤勉な人はいるが、別にそれは日本人に限ったことではない。やはり「日本人は勤勉」と言い切ってしまうのはどこか違和感がある。

スポンサーリンク