メディアリテラシーから見た「ネットの情報は信用できない」

スポンサーリンク

 

「ネットの情報は信用できない」という言葉は安易だ。インターネットには確かに信用ならない情報がある。それ自体はあながち間違いではない。だが、私には「ネットは信用できないと言う人」と「ネットの情報を鵜呑みにする人」の差がわからない。

何が問題かと言ってしまえば、疑う対象をネットという媒体に限定しているところだ。

その人はきっとネット以外の新聞なら信用するのかもしれない。テレビで言ってたを情報ソースとして使うのかもしれない。そう考えると、信じてる媒体が違うだけで、ネットを信じてる人との違いがない。

ネットも顔が見えないがテレビニュースを書いてる人間も、雑誌の記事を書いてる人間も顔が見えないのは同じだ。キャスターが読むのを聞くか、雑誌を通して読むか、WEBを通して見るかの違いしかない。

これをあえて言い直すなら「メディアの情報は信用できない」だろう。

ネット、テレビ、新聞、ラジオ、人の言葉、媒体は何であれ情報は冷静に見る必要がある。

100%正しく書かれているものなんてこの世の中には存在しないだろう。教科書だって間違ってるものだ。それなら何かを盲目的に信じてしまうことに問題があると私は思う。

情報を批判的に見るためには、情報元を自分で確かめたり、衝撃的に書かれたタイトルに反応せずしっかりと内容に目を通すことなど、頭を使う必要がある。

更には、この新聞社は少し右翼的だから、それを加味して読もうとか。こっちの新聞は国内のことは偏ってるが、海外のことに関しては信用できるといった読み方も出来る。

テレビであればここの株式は外資がどのくらい入っているからとか、スポンサーがここだからこういう宣伝を・・・という見方も出来るだろう。

最初から公正公平な情報なんかないと割り切ってしまうこと。情報を疑うのであればそのくらいの心構えが必須だ。

スポンサーリンク