英語を聞き取れない人がまず発音から始めるべき理由

スポンサーリンク

 

今まで散々英語を勉強してはずなのに、外国人が話していることが全く理解できないという人も多い。少なくとも学校で何年間も勉強したはずの言語が、1ミリもわからないということが平気で起こる。

話す聞くが出来ないことは、まさに日本型英語教育の弊害とも言われている。その原因は決定的に発音することが抜け落ちているからである。

だからこそ軽視しがちな「発音」を学びなおすことで改善することもできるのだ。

発音が最大の弊害である理由

どうして英語が「聴けない」状態と発音をしないことが結びつくのか、それは自分が発音出来ない音は聞こえないということに関係する。より正確に言えば正確な音を知らないため聞いてもわからないということ。

何故なら何かの単語を覚えても、その正確な「音」を知らなければ、会話の中にその単語が出てきたことに気が付けないからだ。これがただスペルだけを見て暗記するときに抜け落ちてしまう部分だ。それどころか、日本では教育どころか社会のいたるところで、きれいに発音する人を馬鹿にする傾向がある。それが嫌だから格好つけてカタカナ発音で英語を使うのだ。

それでは覚えられるわけがない。お得意の足を引っ張り合う文化かもしれないが、テレビで発音がきれいな人がいればカッコいいとモテはやし、発音をそれっぽく言っただけでカッコつけていると決めつけてしまうのはいかがなものだろうか。この風潮は学校のクラスの中にも、会社の中にもある。英語力がどうこういう前に根本的なモノの考え方から改める必要がありそうだ。

日本人向けのカタカナ発音は日本人にしか通じないだろう。そして日本人にしか通じない言語を果たして英語というのだろうか。私の認識では、日本人にしか通じない言語は日本語だ。周りの日本人を意識して他国の言語を学んでも何の意味もない。その時見るべきはその言語を主言語とする国の人たちだろう。どうしてそれを話さない相手のことばかりを考えているのだろうか?英語を学ぶのであれば、英語圏に住む人たちに伝わるように発音をするべきだし、それを意識して学ぶ方がより自然だろう。

発音を改善すれば英語が聴けるようになる

今英語が聞き取れない人は、発音からやり直してみてはいかがだろうか?確かに単語を覚えていくことも大事だし、語彙力の無さが聞き取れない要因にもなるが、発音を知らなければ知っていても聞き取ることが出来ない。せっかく勉強をして覚えたものなのに、その音を覚えていないから実際に出てきたときに認識することが出来ないのだ。それは避けたい。

発音の学ぶハードルは決して高くない。もし学びたければCD付きの英語の発音が正しくなる本もあるし、言語に興味があるなら発音を是非学びなおすことをお勧めする。発音は人の話を聞く、人に話す、というコミニュケーションの根幹となる部分に関わり、今後の学習にも力強い味方となってくれるはずだ。

スポンサーリンク